読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまさらだけど映画『オデッセイ』は少年マンガみたいだった

もはや上映中の映画館もわずかだが『オデッセイ』をみたので感想を残してこうと思う。どこでも同じような感想が並んでいるけど、良くも悪くも「THEハリウッド映画」だよなぁというのがほぼ全てで、ちょっと日本の少年マンガっぽいなとも感じた。

 

事故で火星に一人残された主人公が無事地球に帰還するまでのはなし。なんか「Yeah! We are the world!」みたいな地球全体がひとつになってる雰囲気がどうしても受け付けず、玄人筋の人たちが「いやぁー、これは難しいこと考えずに純粋に楽しむもんですよー」とか一様にいってるのも、なんだかなぁと。宇宙で、火星でぼっちといういささかの高級感ただよう『インターステラー』少し前にあったので同じ目線でみるもんじゃないよということなんだろうけど、「あぁ、そう…」という感想しかなくてそんなエクスキューズが必要な映画ってなんなんだろうとも同時に思った。

 

では駄作なのか?っていうと全くそんなことはなく実際スゴイ作品だとも思ってる。イメージする悪い意味でのハリウッド的なものとは結構違っていて、自分は「世界がひとつに」的な部分は辛かったが、たとえば変にウェットなところや、家族やラブストーリーを安売りしなかったりと見やすくなっているし、次々と課題がでてきて理屈っぽいもの(それが妥当かどうかは別として)を示しながら解決していくのはなかなか痛快で、上映時間全く退屈しなかった。

 

この楽しさって日本の少年マンガのそれの楽しさに近いのかなと思う。

 

であれば割りきって楽しむのが吉というのも理解できる。いずれにしてもこうやって映画マニアよりな人でも満足させる最大公約数的エンターテイメントを進化させながらつくれるアメリカはやっぱすごい。

広告を非表示にする