シン・ゴジラでの石原さとみの過小評価に納得がいかない

公開直後から比較すればさすがにいくらかの落ち着きをみせているが『シン・ゴジラ』の話題がつきない。「おもしろいぞ」という流れから始まり「自分はおもしろくないね」「おもしろいけど賞賛している人々がダメだよ」「◯◯人からみたらどうだってさ」「これはコレは国威発揚の〜」云々。もはや”いかに違う方向性から作品に言及するかという芸”を競い合っているかのような様相である。そしてそれこそがこの映画が傑作と評価される所以でもあって、つまり誰もが話題にせざるおえない、観た後に話題にしないではいられない、そんな映画だということを証明している。自分も観た直後は「なぜエンドロールであんなに多くの人が関わっているのに、そこに自分の名前はないのか?」とエンタメ業界で働いているわけでも志望しているわけでもないのに本気で思ってしまった。

 

しかしこう感想を眺めているとどうしても気になるのが、石原さとみ及び彼女が演じたパターソンだったかの評価が低いことだ。僕はあの作品の中で彼女こそがもっとも重要な役だと思っていたのでこの件については異論を唱えておきたい。

 

批判というか低評価の理由はいろいろあるのだけど、基本的に役どころと英語を含めた演技両方の不自然さに集約できるかと思う。たしかにどうみても"変"であったのは事実。しかし同時にその不自然さこそがあの作品の中で重要だったのではないか。自分も面白かったとは思ったが、開始からずっとそう思って見ていたわけではない。最初の数十分の展開は緊張感と同時にいくらかの違和も感じていた。それは「〜とでも呼称するしかない」に代表されるようなセリフ回しやそのスピードのオタクっぽさとか「御用学者って言葉そんな使い方する?」とか「もう少し少し取り乱す奴いるだろ…」とかとか、どんな映画をみててもよくあるそういう感想をもって観ていた。

 

そこから徐々に「あれ?もしかしてこれってこういう映画??」と思えてきたところに石原さとみの登場。そのキャラクターと石原さとみ感全開の演技に「なるほど、これはアニメ映画なんだ」と確信、その流れで最後までめちゃくちゃ楽しむことができた。

つまり彼女の存在は作品がリアル映画の路線ではなくアニメ的なフィクションなんだという強いメッセージになっていたということで、あれがなければ「日本の政治がー」とかいう公開初期にみられたトンチンカンな印象になっていたかもしれないなと思うのだ。全部でエンターテインメントなのに。

それにしても何を演じても石原さとみ感がでるあたりはキムタク的というか一辺倒とは確実に違う個の確率をした女優だなと改めて感心した。

広告を非表示にする